BLOG - 徒然なるままに

Facebook 友達のタイムラインを汚さない & 自分のタイムラインを守る方法

  • 作成日 2012年12月21日(金曜)08:07
  • 参照数: 15365

※以下は、Facebookに公開中のノートに書いた記事を転載しています。

 

私がFacebookを始めたころに、とあるサイトで読んだ記事にこういうものがありました。 

Facebookのタイムラインは、特にビジネスで利用しているユーザにとっては、自分の「名刺」のようなもの。

だから、たとえ友人であっても、自分のタイムラインに他のユーザが勝手に書き込みされる(タイムラインを「汚される」とも云われています)のを嫌う人も多く、特にFacebookをビジネスで活用している人には嫌う方が多い ということを聞きました。

私もその1人ですが、皆さんはいかがですか?

 自分のタイムラインを見たときに、自分が投稿したもの以外に、他のユーザからのメッセージとか、リンク、写真のタグ付けなどが多くないですか?

あまり自分で投稿しないが友達が多い方だと、自分のタイムラインなのに、他のユーザからの書き込みの方が多くて、一体これは誰のタイムラインなのかと思うくらい。 

でも、そんなあなたのタイムラインが他の人からは見られています。 

 

以下は、自分のタイムラインに他のユーザから投稿されることを好まないという方だけ読んでいただければと思います。困っているが対策がわからないという方のために、やり方など書いています。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

困ったことに、自分のタイムラインが他のユーザからの書き込みであふれかえってしまう原因のひとつに、「誕生日」メッセージがあります。 

例えば、あなたが誕生日を迎えると、Facebookの自動通知機能で、あなたの友達はあなたの誕生日を知り、当然のようにお祝いメッセージを送ります。 

 

 

でも、ここに書かれているとおり、そのメッセージはあなたの「タイムライン」に表示されてしまい、多くの友達からのメッセージでその日のあなたのタイムラインは溢れかえってしまいます。せめて1ケ所にまとまっていれば良いのですが、1件ごとに表示されるのはいかがなものか。 

それに本来、プライベートなお祝いメッセージを送れば済むところが、”タイムラインに投稿しましょう”、つまり公開メッセージで送りましょうと勧めてくる仕組みは、FacebookがSNSだからこそかもしれまんが、個人的にはいだだけません。 

ではどうしたら良いでしょうか? 

 

まずは、自分がメッセージを投稿する場合は、それが個人的なメッセージは、できれば相手(友達)のタイムラインへの投稿はしないようにしましょう。それには、Facebookメールでメッセージを送れば良いのです。

まず、友達のタイムラインを表示して、右上にある「メッセージ」をクリック。するとボックスが開くのでメッセージを書けば、相手のタイムラインには表示(公開)されず、プライベートなメッセージとして届きます。 

 

 

次に、自分で、自分のタイムラインを守る、つまり、他のユーザーからのタイムラインへの投稿を制限する方法を書いておきます。 

 

1つは、誕生日を非公開にすることで、誕生日は友達に通知されず、メッセージも届かない代わりにタイムラインが友達のお祝いメッセージで溢れかえることもなくなります。それだと寂しいと思う方は読み飛ばして結構です。 

やり方:自分のタイムラインを表示 ⇒ 基本データ ⇒ 基本データ 編集 ⇒ 生年月日の公開範囲を「自分のみ」に変更 

 

 

 

次が肝心ですが、プライバシーの設定を変更して、タイムラインへの投稿ができるのを自分だけに変更しておきます。プライバシーの設定変更は、Facebookメニューバーの右端にある▼マークをクリックし、プライバシー設定から行います。 参考まで私のプライバシー設定は次のように変更しています。 

 

 

 

あなたのタイムラインへの投稿ができる人が「なし」になっています。もちろん自分自身は投稿できます。これで自分以外にタイムラインへ直接投稿されることはなくなります。 

 

でもそれ以外に、タイムラインに他のユーザの操作によって投稿されるものがあります。それは写真へのタグ付けです。

他のユーザーが撮影した写真にあなたが写っていた場合、写真にあなたであることを他の人がタグ付けすると、それも自動的に自分のタイムラインに投稿されてしまいます。

それをコントロールするために、タグ付けがあった場合も、自分が確認(許可)して初めてタイムラインに追加するようにしています。 

 

その他の項目についても、私は公開範囲を制限するなどプライバシー設定を厳しくしていますが、このあたりは各自設定をされるとよいでしょう。

 

 何か参考になることがあれば幸いです。もし、内容に誤りがあったり、自分はこうしているなど、他の方法をご存知の方があれば私にも教えてください。

この記事をソーシャルネットワークにシェア またはEverNoteにクリップできます

Submit to FacebookSubmit to TwitterSubmit to LinkedInこのエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Share
先頭へ戻る