月曜, 2月 19, 2018

[オフライン地図]世界最高精度の全球3次元地形データ ASTER GDEMを使った3D地図作成

earth_3  ASTER GDEM は現在、世界最高精度で全地球をカバーする全球三次元地形データ

全世界の標高が30m間隔という高精度で記録されたデータが、平成21年6月から、なんと、無料で提供されているのですが、さらに、昨年10月にバージョン2となって、一段と品質が向上していたんですね。

バージョンアップの情報すっかり気づかずにいました。

 

ASTER GDEMについては、もう少し詳しくこちらの記事に書いていますが、ASTER GDEMが登場するまで標高データといえば米国のスペースシャトルが撮影したデータSRTMが広く利用されていました。しかしSRTMの分解能が90mメッシュなのに対して、ASTER GDEMの分解能は30mメッシュと精度が大幅に向上しています。簡単にいえばSRTMがテレビでいう標準画質なら、ASTER GDEMはハイビジョン画質ですね。

とはいえ、テレビとは違って、標高データの精度が世界最高と云われても、普段こんなデータを使う方は、滅多にいるものではありませんね。

私も普段このようなデータを使うことはないのですが、趣味として、Yahoo MapsやG○○gle Mapsなどのオンライン地図を3GやWiFiが使えないオフライン環境でも使えるように加工したり、2次元の地図を3次元に加工していて、その際、こうした標高データはなくてはならないものなのです。

 

3D地図加工の一例を示せば、PCのディスプレイに表示されたマピオンの地図。 これをキャプチャーソフトでJPGの画像として保存しておきます。

サムネイルをクリックすると拡大表示

2012-01-27_20h38_22

ダウンロードした地図はあくまで画像データにすぎず、画面ではあった位置情報もダウンロードした画像にはありません。

しかし、画像の任意の2点またはそれ以上の点を指定して緯度経度の情報を与え(キャリブレーション)、さらに、ASTER GDEMの標高データを重ねると、画像データに起伏が現れ、見事3次元地図となります。

手元にある地図なら、紙地図でもスキャンして取り込めばこのように3D地図になるのでやっていてとてもワクワクします。今度古地図でもやってみようかしら。

2012-01-27_20h44_36

 

マピオンの地図に代えて、Yahoo MapsやG○○gle Mapsなどの衛星画像地図を使えば、より実写に近いリアルな3次元地図が作れます。

但し、手順もやや複雑、さらに相当根気のいる作業が続きますが・・・

こちらは、北九州市八幡東区にある「皿倉山」付近の衛星画像を3次元に加工したものです。

G○○gle Earthがあるじゃないかと云われそうですが、オフラインでも使えるところに意味があるんですね。

2012-01-27_20h47_35

G○○gle Mapsのハイブリッド地図を3次元加工しているので建物や道路の名称などもわかって便利。

さらにパラグライダーの飛行軌跡を重ねたものがこちらになります。

2012-01-27_21h01_26

 

 

この記事をソーシャルネットワークにシェア またはEverNoteにクリップできます

Submit to FacebookSubmit to TwitterSubmit to LinkedInこのエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Share
先頭へ戻る