[オフライン地図]3次元地形データ ASTER GDEM

オフライン地図を3D化するためには、標高データが必要だが。これまでこの標高データには、米国スペースシャトルが撮影し無償で公開されているSRTM3(90mメッシュ)を使ってきた。

実は手元には以前購入した(3枚。1枚7500円)国土地理院発行の数値地図(標高)50m(メッシュ)のCDがあって、SRTM3より分解能が高いこの数値地図が使えないかと思っていた。

ただこの数値地図、カバー範囲が日本に限られていること、また日本独自の座標系である"日本測地系"で作成されていて、現在の基準である"世界測地系"で使うには変換作業が必要というので面倒なのでずっと放置状態。

 

で昨日から思い直していろいろ調べてみると、"ASTER GDEM"という全球3次元データというのがあって、日本の経済産業省とNASAが共同で、30mメッシュという高分解能の地形(標高)データを提供していることを知った。

詳しくはこちら

2011-05-02_215904

 

ASTER GDEMとSRTM3、数値地図(標高)50mとを比較すると次の通り

ASTER GDEM SRTM3 数値地図(標高)50mメッシュ
データソース ASTER スペースシャトル レーダ 1:25,000地形図
作成・配布機関 METI/NASA NASA/USGS 国土地理院
配布開始年 2009年~ 2003年~ 1997年
データ取得期間 2000年~継続中 11日間(2000年)
DEM分解能 30m 90m 50m
DEM高さ精度(標準偏差) ±7m ±10m ±7m
DEMカバー域 北緯83度~南緯83度 北緯60度~南緯56度 日本のみ
DEMデータ欠損域 常に雲に覆われてASTERデータが撮れない地域 地形急峻域(レーダの特性による) なし

 

ASTER GDEMは平成21年6月から公開されていて、利用は無償。

あれ、もう2年前から公開されているのに知らなかった。これならわざわざ高い数値地図は不要。しかも日本だけでなく世界中を網羅している。

 

というのでさっそくサイトにユーザ登録した上で、ダウンロードしてみた。

 

2011-05-02_131841 ダウンロードしたい地域を選択

2011-05-02_131901 緯度経度付ファイル名が表示される

2011-05-02_132106 使用目的を選択

2011-05-02_132134 ダウンロード可能な状態に

2011-05-02_132309 保存先を指定して一括ダウンロード(個別DLも可)

2011-05-02_132903

2011-05-02_222425 各フォルダの中にはTIF形式のファイルが2つ

エクスプローラや画像処理アプリだとほとんど真っ黒にしか表示されないTIFファイルだが、

これをGIS用のアプリで表示させるとこのように見える。

2011-05-02_222612

比較のために、SRTM3だとこのように見える

2011-05-02_222702

ズームアップしていくと違いが多少わかるものの、肉眼で見てもそれほど違いは感じられない。

しかしこれを同じフォーマット(DEM)に変換してサイズを比較してみると、"ASTER GDEM"は"SRTM3"の8.6倍。

分解能比 (90 x 90) / (30 x 30) = 9 なので、"ASTER GDEM"を使えば精度は大幅に向上することがわかる。

2011-05-02_202139

 

なお余談だが"ASTER GDEM"がどれほど高分解能の標高データを提供してくれるものであっても、利用するアプリが、このデータの読み込みに対応していなければ使えないのはいうまでもない。

GPS解析アプリである"CompeGPS"で"ASTER GDEM"のTIFデータをGeoTIFFで読み込もうとするとエラーが起きてしまう。

試行錯誤の結果、"DEM"形式に変換することでうまく読み込むことができた。

今後3Dのオフライン地図製作にあたっては、"ASTER GDEM"を標準で使っていく予定。

この記事をソーシャルネットワークにシェア またはEverNoteにクリップできます

Submit to FacebookSubmit to TwitterSubmit to LinkedInこのエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Share
先頭へ戻る