Display Recorder ~ iPhone,iPadの画面を動画で撮る

  • 作成日 2012年1月24日(火曜)12:37
  • 参照数: 26658

DisplayRecorderJobs_640

 

iPhoneやiPadの画面を切り取って(キャプチャー)ブログの記事に貼り付けたり、人に見せることがありますね。

では、どうやって画面の撮影をすれば良いのでしょうか?

まさか、カメラでiPhone/iPadを写す?

 

いえいえ、iPhoneでもiPadでは、画面のキャプチャー機能は標準で備わっていて、操作は実に簡単。

 

2012-01-24_12h43_11

 

キャプチャーしたい画面を表示させたら、

下のホームボタンを押したまま、上の電源ボタンを同時に押します。

 

すると画面が一瞬白く光り、カシャッという音が出ても出てキャプチャーが完了。

キャプチャーされた画像はカメラロールに自動的に保存されています。

 

案外この機能を知らない方も多いので、知らなかった方はぜひ使ってみてください。

 

では、静止画のキャプチャーではなくて、画面の動きをそのまま動画としてキャプチャーし録画することはできるのでしょうか?

 

iPhone/iPadでの操作方法を、動画で伝えたい、またはゲーム中の画面をそのまま録画したいと思っている方も多いのでは?

 

しかし、残念なことに、iPhone/iPadには動画での保存機能(以下スクリーンレコーダー)は備わっていません。

 

ボタンで操作できなくても、アプリケーションならばどうでしょうか?

 

WindowsPCならばアプリケーションを使ってスクリーンを動画で録画することが可能です。すでにたくさんのアプリがあり、有名どころでは、Cumtasia Studio、Flapsなど。無料でもCumstudio、カハマルカの瞳 等々。

 

しかし、iPhone/iPadの場合、Apple Storeに登録された数え切れないほどのアプリの中に、スクリーンレコーダーのアプリは見当たりません。(在ったら教えてください)

 

なので、iPhoneやiPadユーザの方は動画での録画はあきらめるしかありません ・・・

 

 

但し、JailBreak(脱獄)された iPhoneやiPadならば、スクリーンレコーダーが可能です!

 

Cydiaを検索すると

 

  • Display Recorder
  • Screen Recoeder

 

というアプリケーションが見つかります。

 

その中で今回、Display Recoederを使って、デモ動画を作ってみました。

 

 

この動画でも使っていますが、Display Recorderは、iPhoneやiPadの画面を動画で保存、再生するというスクリーンレコーダー機能のほかに、WebServer機能があり、これをオンにし、PC側のブラウザでDisplayRecorederが指定するアドレスを入力すれば、WiFiを介して、iPhoneやiPadの画面をライブでPC上に映し出すことができます。さらに、マウスを使って、PCからiPhone/iPadをリモートコントロールすることも可能です。

iPhoneやiPadの画面をPCに写し出して説明をするというった利用も簡単にできます。なお、WebServer機能だけなら、ノーマルのiPhone/iPadでもApple Storeを検索すればいくつかアプリがありますので探してみてください。

 

20120124095417_00_SONY_DSC-HX5V_640 20120124103734_00_SONY_DSC-HX5V_640

iPhoneの画面をPCにライブ投影         iPadの画面もこのようにPC上に投影できます

 

ノーマルではあれこれと制約の多いiPhoneやiPadですが、このようにJailBreakしたものでは、できなかったことができるようになります。

しかし、JailBreak(脱獄)は最悪iPhone/iPadが動かなくなる、メーカ保証が受けられなくなるなどの大きなリスクを伴いますので、安易に行うことはお勧めできません。くれぐれも自己責任でお願いします。

 

この記事をソーシャルネットワークにシェア またはEverNoteにクリップできます

Submit to FacebookSubmit to TwitterSubmit to LinkedInこのエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Share
先頭へ戻る