LiveTrack24 発信編(1)

おことわり:以下の記事は4年前に書いたもので現在のLiveTrack24がLeonardo Liveと云われていた当時のものです。ついてはLeonardo Liveは現在ではLiveTrack24と読み替えてくださるようお願いいたします。

 このブログの左サイドバーではGPSトラックログを発信中のパイロットがいればオンラインで知らせてくれるサインを設置したので、サインが点灯しているときにぜひ観てみてください。

 でも・・・ ただ世界中のパイロット達のフライトを見ているだけではつまらない

 自分のフライトも、ライブで世界に発信できたら  ・・・

 XC(クロスカントロー)にチャレンジするのでもなく、大会に参加する訳でもない平凡なサンデーフライヤーでも、世界で誰かに見られていると思えばフライトにも力が入ろうというものです(笑)

 残念ながら、残された2006年5月からの発信履歴を見る限り、日本国内からの発信履歴は一度もなく、運営開始から2年以上を経過して”Leonardo Live!”の日本での利用者がいないことは実に寂しいことです。

 というので 日本からの発信第1号をめざして取り組み始めました。

 先週末からとりかかり始めて、ようやく衛星を補足するまでできるようになりました。

 20090421132924_400.jpg 20090421121612_400.jpg 20090421121420_400.jpg
  これらはWindows携帯 X04HTの画面をキャプチャーしたもの。X04HTについては後日

 しかしここに至るまで難関の連続。英文を理解するだけでも大変なのに、マニュアル通りにはいかず挫折しかかりました。

 さらに今後テスト運用となるとパケット通信をすることになるのですが、通信設定はどうするのか、パケット料金がどうなるのかも気になるところ。一応パケット定額契約はしているものの、定額対象外の通信だとみなされると高額の請求書が送られてきて破産(いわゆるパケ死)しかねません・・・・

 

 

この記事をソーシャルネットワークにシェア またはEverNoteにクリップできます

Submit to FacebookSubmit to TwitterSubmit to LinkedInこのエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Share
先頭へ戻る