LiveTrack24 発信編(4)

おことわり:以下の記事は4年前に書いたもので現在のLiveTrack24がLeonardo Liveと云われていた当時のものです。ついてはLeonardo Liveは現在ではLiveTrack24と読み替えてくださるようお願いいたします。

5月以降しばらく”Leonardo Live”の連載をストップしていましたが、その間、7月にはGPSデータのパケット送信用のクライアントアプリである”GPSTrack Live”のバージョンアップが行われ、また、サーバーのIPアドレスも変更となりました。

 

また興味深いところでは、新たにiPhone用のクライアントアプリとして”LiveTrack24Lite”と”ParagliderDeck”の2本が追加されています。

 

これによって、ノキアなどのJavaアプリが使える携帯、Windows Mobile携帯に加えて、新たにiPhoneでも内蔵GPSを活用してフライト中のGPSトラックデータをライブでインターネット配信ができるようになりました。

 

2本のクライアントアプリは、ともにオフィシャルの”HTTP API”を利用しているため、”Leonardo Live”の機能をフルに活用できるようです。”ParagliderDeck”はまだダウンロードは開始していないようですが、”LiveTrack24Lite”はiTuneStoreからダウンロードできます。

 

LiveTrack24Lite.jpg LiveTrack24Liteの表示画面

この記事をソーシャルネットワークにシェア またはEverNoteにクリップできます

Submit to FacebookSubmit to TwitterSubmit to LinkedInこのエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Share
先頭へ戻る