[GPS再生・解析]阿蘇大観峰XC デモ動画

今回Google Hybrid Maps から切り出し作成した阿蘇大観峰周辺のオフライン地図は、ややズームレベルを落としたものの、1枚の画像にまとめると 7168 X 3072 Pixel もの大きなサイズ

※Google Hybrid Mapsを使う理由は、衛星画像に道路や建物、山岳の名称など地図情報をオーバレイ表示してくれるので、フライト解析にはとても便利だから。

”Google Earth”上でGPSデータを読み込んで再生すれば簡単にフライトシミュレーションが行えるが、標準の機能では表示可能な地図情報が少なく、Hybrid Mapsの方が使い勝手が良い。

但し、そのためには3D地図を製作しなくてはならず大変手間がかかる・・・

2011-05-04_085140

これに、前回紹介した高分解能(30mメッシュ)の3次元地形(標高)データ"ASTER GDEM"を重ねて3D化

"ASTER GDEM"についてはこちらの記事

2011-05-04_085015

友人の6年前のXCのときのGPSトラックログを再生しながら、動画キャプチャアプリで録画。

タイトルなど少し編集を加えててYouTubeにアップしてみた。

最初の数秒だけ"Google Earth"を使っているが、アニメーション部分はGoogle Earthは使っていない。うーん、紛らわしい(笑)

2011-05-04_090509

この記事をソーシャルネットワークにシェア またはEverNoteにクリップできます

Submit to FacebookSubmit to TwitterSubmit to LinkedInこのエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Share
先頭へ戻る